肩こりについて|千駄木の整体「もみの手鍼灸整骨院」

交通事故・各種保険取扱

03-3824-1010

【電話受付】11:00~22:00
※土曜は 9:00~19:00、日曜は 9:00~17:00

ブログ

肩こりについて

こんにちは。もみの手鍼灸整骨院です。

今回は肩こりについてお話します。

肩こりは筋肉がこわばることで肩から背中にかけての倦怠感、痛み、苦しさなどの不快な症状の状態をいいます。その原因の1つがデスクワークなどで長時間同じ姿勢を保持することにより筋肉に過度の負担がかかり血流が滞り筋肉に老廃物が蓄積し、血管や神経を圧迫してしまうことにより出現します。症状がひどくなると、頭痛、吐き気、手の冷え、手のしびれ、脱力感、不眠、食欲低下、抑うつなど全身症状へと繋がってしまいます。

 

当院での肩こりに対する治療の種類をご紹介いたします。

①手技治療・・・指圧、ストレッチをメインに肩こりに対してアプローチします。

指圧・・・主に圧迫指圧と揉捏指圧をします。圧迫指圧はコリに対して持続的な垂直圧力の刺激を与え改善へと導くものです。揉捏指圧はコリに対して垂直に圧力をかけていき筋線維を動かし揉むように刺激を与え症状を改善へと導くものです。

ストレッチ・・・こり固まった筋肉を伸ばし柔軟性を高め循環を良くしていきます。

当院では患者様の肩こりの状態に応じてオーダーメイドの手技治療を組合せ提案します。しっかり深部に届く指圧が好評です。

②鍼治療・・・通常直径0.12~0.18mm程度の髪の毛程の太さで極めて細いステンレス製の鍼を使用し肩のコリの芯をピンポイントで狙いコリを除去したり、肩こりのツボを使って施します。当院では、使い捨て鍼を使用していますので、感染症などの心配はありませんのでご安心下さい。

③灸治療・・・肩のコリや肩こりのツボに熱刺激を与え血行、循環を良くし改善を図ります。当院では間接灸を使用しています。間接灸とは、もぐさと皮膚の間に灸点紙という紙を入れ、もぐさが直接皮膚に触れないようにするものです。それにより心地よい温和な熱さになります。

※鍼治療はすぐに効果が現れる傾向にあり、灸治療は比較的ゆっくりと継続的に改善させる傾向にあります。ですが、灸治療でもすぐに効き目が現れることがあるので一概に決めつけることは難しいです。当院では、患者様の状態や体質などを考慮して最善の治療をしていきます。

 

まだまだ寒い日が続きそうですので皆様お身体にお気お付け下さい。

『冷えは万病の元』足元を冷やすのは身体の冷えにつながるので、足元を温めるのはとても大切なことです。『第二の心臓』とも呼ばれるふくらはぎを温めることによって全身の循環を良くしていきます。

全国的にみても珍しく、都内では当院のみの天然温泉を使用した足湯をぜひ!!

 

 

 

ページトップへ